メインイメージ

家具を置くとどうても狭くなる部屋

家具を置いてしまうとどうしても狭くなってしまう事がありますよね。 特に一人暮らし用のワンルームのお部屋ですと、考えて家具を購入しないと生活スペースが圧迫されてしまいます。 しかしながら家具選びをしっかりと行えば狭いお部屋でも便利に家具を利用擦る事ができます。 まず家具の中でも定番的な存在のベッドについてです。 お布団を敷いて寝るのも良いのですが、畳ならまだしもフローリングですと寝辛いものです。 その為、ベッドは必要不可欠な存在に感じておられる方もいると思いますが、ベッドを置くと狭くなる際には折り畳みタイプや背の高いパイプベッドを利用すると良いでしょう。 折り畳みタイプですと睡眠時以外は折り畳んでお部屋の隅に移動する事ができますので邪魔になり難いですし、大抵の折り畳みタイプはキャスター付きですので移動も楽々行う事ができます。 また、背の高いパイプベッドならベッド下の空間を有効利用する事ができますので、例えばデスクやソファ、テレビなどをベッド下に置く事も可能です。 ベッドには他にも収納付きタイプもありますが、収納付きタイプですとタンスなどの収納家具を置く必要が無くなりますのでお部屋を広く使えるようになります。 他にもよく利用されている家具としてテーブルがありますが、ワンルームの場合はローテーブルを購入するのが一般的です。 背の高いテーブルは椅子も用意する必要がありますし、椅子まで置いてしまうとかなり生活スペースが狭くなります。 ローテーブルを購入する際にはあまり大きなサイズは選ばないのが鉄則です。 大きなテーブルですと沢山の道具を乗せておけますので便利ですが、生活スペースが狭い場合ですと邪魔になる可能性の方が高いと言えます。 また、大きなテーブルは存在感が強くなりますので、心理的にも狭く感じる原因になります。 因みにガラステーブルですと存在感が小さくなりますので、ガラス仕様の物を選ぶのも良いのではないでしょうか。

Copyright(C) 狭い部屋でも家具次第?広く見せたいもの All Rights Reserved.