メインイメージ

物がないように見える家具をチョイス

一人暮らしなどで狭い部屋に住んでいると、本や洋服などの収納するスペースが足りなくなり、物が出しっ放しになってしまうことがあります。また、収納スペースを増やそうと、棚やタンスなどをたくさん買ってしまうと、家具を囲まれて余計に部屋が狭く感じるようになることもあるでしょう。部屋を広く見せるには、物がないように見える家具をチョイスすることが大切です。ひとつの家具で複数の役目を持っている家具をチョイスすることで、家具のスペースを減らすことができるのです。たとえば、テレビ台とDVDなどを収納する棚をふたつ買うのでしたら、たくさんの機能があるローボードをひとつ買うといいでしょう。ローボードはテレビ台・DVDプレーヤー・収納する棚などが揃っているものが多いので、スペースを節約することができます。一番スペースをとるのがベッドになりますが、ベッドの下が収納になっているものや、ソファーにもなる二役備えたベッドがあります。スペースを効率よく使うことで部屋を広くみせることができるでしょう。物がないようにみせるには、床が見えるスペースが広いことが重要になります。そのため家具の配置を変えるだけで部屋をスッキリと見せることができるのです。部屋全体に点在して家具を配置するよりは、部屋の一カ所に集めて配置することで、床の見えるスペースを増やすことができます。ドアの前や歩く場所には家具は置かずに、なるべく人が動く導線に触れる位置には置かないようしましょう。物が増えすぎている場合は、整理整頓をきちんとすることと、常にきれいに片付けられるように収納の仕方を変えてみるのも効果的です。生活感溢れる細かい生活雑貨などは見えないようにボックスにしまうようにしたり、棚にしまう場合も同じ色のカラーボックスで統一するようにするとシンプルな部屋に見せることができます。いろいろな工夫をすることで部屋をすっきりと見せることができるので試してみるといいですね。

Copyright(C) 狭い部屋でも家具次第?広く見せたいもの All Rights Reserved.