メインイメージ

置き方やサイズ感が重要だった

一人暮らしのワンルームなどの部屋に暮らしている場合、何も置いていない部屋だと広く感じたのに、家具を揃えていくにつれて狭く感じてしまう経験があると思います。家具に囲まれてしまうと、圧迫感が出て実際の広さよりも狭く感じてしまうのです。部屋の広さを変えることはできませんが、家具の置き方やサイズ感によって部屋を広く見せることができます。まず、大切なのが、家具を最小限にして、床が見えるスペースを多くすることです。ベッドにソファーに棚にと、たくさん揃えてしまうと、スペースが奪われて床がほとんど見えなくなってしまいます。なるべく家具は増やさないほうがいいのですが、収納が足りなかったり、生活していく上で必要なものもあるでしょう。そういう時は、ひとつの家具でいくつも役目があるものを選ぶようにしましょう。たとえば、テレビ台には収納棚などが一緒になっているローテーブルを使うとスペースを有効活用できます。一番面積を広く使うベッドには、ベッドの下に洋服や小物などを収納できる引き出しがついていたり、ソファーにもなるものがあります。ひとつのスペースでたくさんの機能をまかなうことで、余計な家具を揃えないでよくなります。サイズ感も大切で、なるべくスペースを使わずに済むものや、高さが低いものを選びましょう。天井までの空間があるほど部屋を広く見せることができます。家具の置き方も重要になります。部屋全体に配置すると圧迫感を与えてしまうので、部屋の角に集めるように配置すると良いでしょう。また、入り口から見たときに部屋がスッキリ見えるように、入り口から奥に向けて高さを低くしていくとよいでしょう。窓の周りのは物は置かずに、観葉植物などのインテリアを置くようにすると部屋全体をスッキリと見せることができます。同じ部屋でも工夫ひとつで印象がガラリと変わるものです。自分の生活する場所ですから、心地よく過ごせるようにしたいですね。

Copyright(C) 狭い部屋でも家具次第?広く見せたいもの All Rights Reserved.