メインイメージ

広い部屋に住めないなら

2014/08/30

広い部屋に住めないなら、家具を工夫して広く見せるようにしましょう。例えば、壁側に家具を並べる場合にも少し高さが低めの物を利用すると上の部分に好きな小物を並べたり、壁にシェルフを取り付けて空間を利用したりすると壁を広く見せることは可能です。広い部屋に住めないのであれば、家具で圧迫感を無くすことが出来れば狭く感じることはなくなります。部屋が狭く感じる理由は、下に物を置くからだと思います。足元に物があれば床が見えずに視覚的に狭さを感じてしまうので、空間を利用して物を飾ることで広い部屋に感じることが出来ます。整理整頓では広くならない部屋でも、間隔を変えることで見方を変えることが出来ます。窓があれば息苦しさが解放されるように、人間の心理的なものでも広く見えるか狭く見えるかは異なってきます。理由があって広い家に住めない場合でも家具の配置や色合いを気にしてみると視覚をごまかすことが出来て、自分の手が入った部屋は居心地が良いものになります。

Copyright(C) 狭い部屋でも家具次第?広く見せたいもの All Rights Reserved.