メインイメージ

テクニックと家具でここまでにも

2014/09/22

部屋の狭さのせいで家具を自由に選択できないと考えている人は多いです。中でも一人暮らしの場合は家具を購入せずに袋や箱を使用して収納の代わりにしたり、ソファなどの必要なものすら購入できずに迷ってしまっている人もいます。しかしながら、実際には家具の選択し方次第では部屋を広く見せたり、広く使うことができるような工夫もできます。例えば、鏡を配置することで空間に広がりを見せることもできます。実際には狭い状態であっても、広いような錯覚で、圧迫感を取り除くのです。また収納をするときに吊り下げたり、ベッドをハイベッドやチェストと兼用になっているようなものを選択するというのもテクニックのひとつとも言えます。限られたスペースを有効利用することや、間隔などの兼ね合いで、広く感じさせるようなことをすれば、さらなる快適さを求めることもでき、実際には狭くても充実した生活をしたり、ゆったりとくつろげる空間を演出できます。

Copyright(C) 狭い部屋でも家具次第?広く見せたいもの All Rights Reserved.